Column コラム

原状回復義務の基礎知識

国土交通省のガイドラインには、原状回復義務の費用負担額やルールが掲載されています。トラブルを未然に防ぐために、戸建てアパートマンション、原状回復義務の基礎知識を把握し、退去時の余分な出費を最小限に抑えましょう。

■ 善管注意義務の重要性

賃貸マンションやアパートを借りる側としては、賃借物に損傷を与えず、なるべく借りたままの姿で返す事ができるように細心の注意を払う必要があります。

賃借物の状態を保つためには、定期的な清掃や保護管理はさる事ながら、自然災害や緊急事態に備えた措置をとる必要があります。故意の損傷だけでなく、不注意によって賃借物を破損させた場合でも賃借人に支払い義務が生じます。

スムーズに気持ちよく退去するためにも、善管注意義務の重要性を心にとめておく事が大切です。

■ 原状回復義務の範囲とは

特約や習慣にもよりますが、基本的に日照や自然損耗、建物の構造が影響したカビの発生や経年によるクロス、壁紙の張り替え、給湯器の取り替えなどは賃貸人の負担になります。

鍵の取り替えについては、紛失してしまった場合や過失が賃借人側に認められる場合にいたっては交換料が賃借人の負担となりますが、通常は賃貸人の修繕義務によって賃貸人負担となります。

ある程度の規定は設けられていますが、ケースバイケースになる場合が多いので、お互いの認識を合わせながら対応していきましょう。

■ 原状回復工事のタイミング

原状回復工事を行う際、まず決定しなくてはならないのが、契約期間中に工事を行うか、退去後に行うかという点です。契約書に方法が記載されているので、退去を検討する際は、まず契約書を見てタイミングを把握しておきましょう。

物件次第になりますが、オフィスビルの場合は短期間で終わる場合が多いので契約期間中、住宅の場合はほとんどが、退去後の工事になります。これらのポイントを把握する事で、専門業者との交渉もスムーズに進める事ができます。

埼玉県八潮市で原状回復工事の依頼をする際は、シュリーシステムをご利用ください。マンション・戸建住宅・木部補修、原状回復、各種小工事など、幅広く対応しております。お客様の大切な住まいのため、10年超えの業界歴を活かした、ワンランク上の施工を行います。