Column コラム

「割れ窓理論」に陥る前に住宅補修

多くの時間を過ごす住まいは、常に綺麗な状態を維持していたいものです。しかし、日常生活を送る中で、フローリングに傷やへこみをつけてしまう事も少なくありません。なかには、ペットによる、ひっかき傷がついてしまっているという住まいもあるでしょう。そんな住まいの傷や汚れを見つけた時は、早めの住宅補修を行う事がポイントになります。

■ 「割れ窓理論」とは

アメリカの犯罪学者であるジョージ・ケリングが提唱した理論で、簡単にいうと「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」という、環境犯罪学上の理論となります。軽犯罪を徹底的に取り締まる事で、犯罪全般を抑止できるとする考えを持っています。

■ 小さな事柄の放置が大きなトラブルをうむ

「割れ窓理論」は、私たちの日常生活にも当てはまります。例えば、住まいの傷や汚れを放置したままだと、汚れ部分が大きくなる、傷が広がるなど、大きなトラブルに繋がる事もあります。また、補修する規模が大きくなればなるほど、補修費用が高くなってしまう可能性もでてきます。

住まいの傷や汚れた箇所はそのまま放置せず、ひどくなる前に早めに対処する事が大切なポイントになります。特に、フローリング床などは、目立つ場所に傷がついてしまうケースも多いため、見た目の悪さをなくすためにも、早めに手を打つ事をおすすめします。

■ 住宅補修で快適な暮らしを

住まいは、家族の大切な財産となります。丁寧にお手入れをし、傷みは早めに補修する事で、安全・安心な住まいを手に入れる事ができます。これからも末永く快適に暮らしていくためにも、住まいの定期的なメンテナンスは必要不可欠です。正しいメンテナンスをする事で、綺麗な状態を保て、心地良い空間を作れるでしょう。

埼玉県で住宅補修を検討している方は、ぜひシュリーシステムにお任せください。フローリング床や扉・窓などの傷補修をはじめ、様々な箇所の補修を行っております。木質建材はもちろん、アルミサッシなど、各種建材に対応し、質高い仕上がりを提供できるよう、丁寧な作業を心掛けております。

新築戸建てや賃貸マンションなど、お住まいでお困りの事があれば、気軽にお問い合わせください。