Column コラム

賃貸住宅を退去するときの裏ワザ

賃貸住宅を退去することが決まった時に、どの程度まで掃除を行い原状回復させればよいのか迷った経験がある方は多いのではないでしょうか。住宅の損耗具合により敷金は返還されることになっていますので、気になる方は多いと思います。こちらでは、賃貸住宅を退去する時のちょっとした裏ワザを紹介いたします。

■ 原状回復の定義を確認する

基本的に賃貸住宅を借りる時の契約書には、「退去時に部屋を賃貸人の費用で原状回復させること」と明記されています。借りていた部屋を綺麗にして返す事は当然ですが、原状回復の定義を明確に理解していない方が多いように感じます。原状回復を入居前のような状態をイメージしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

国土交通省によるガイドラインには、賃借人による故意や過失などで通常の使用を超えるような損傷や損耗を復旧させる事と記されています。そのため、普通に暮らしていれば付くような汚れや損耗については元に戻さなくてもよいとなっています。

■ 敷金を多く返還してもらうために大切な事

賃貸住宅を借りる時に、敷金を支払っている方は家賃の滞納や原状回復が必要ない場合、全額返還してもらえる事になっています。しかし、実際はほとんど返還される事がなく、場合によっては、敷金だけでは原状回復できないと言われ、さらに請求される事もあります。

引っ越しには様々な費用がかかるので節約したいと考えている方には、とても痛い出費になると思います。敷金を多めに返還させたいと考えているなら、原状回復の見積りを自分で業者に依頼する事をおすすめします。管理会社に任せてしまうと、見積り単価が高くなってしまう事が多く、結果として敷金が全く返還されない可能性があります。

■ 落としどころが大切

国土交通省のガイドラインに記載されている原状回復の定義である「通常の使用を超える損傷や損耗」は、範囲が曖昧なため、管理会社と程度によって揉める事が多くなっています。状況によっては裁判になってしまうため、ある程度は譲歩して落としどころを見極める事が大切です。

敷金を多めに返還してもらうために、原状回復を検討している方がいらっしゃいましたら、埼玉で内装の補修を行なっているシュリーシステムにぜひご相談ください。アパートマンション、一戸建てを問わず床やキッチンなどの原状回復に対応しています。