Column コラム

お子様がのびのび暮らすための傷補修

マイホーム購入の理由は、今よりも快適に生活したいなど色々あると思いますが、一番多いのはお子様が生まれたからという理由ではないでしょうか。

快適に生活できる住宅環境は、お子様にとっても大切な事です。しかし住宅は、人が生活しているので時間が経つにつれて様々な場所が傷ついてしまいます。こちらでは、お子様がのびのび暮らすための傷補修についてご紹介いたします。

■ リビングは大切な空間

お子様が小さい時期は、家の中で一番目に届く場所であるリビングで遊ばせる事が多いでしょう。そのためリビングは、住宅のどこよりも安全な場所にしなければいけません。子供の手が届く場所にタバコやライターなどのような事故に繋がるような物は置かないようにしましょう。

新築の住宅なら安心ですが、中古の住宅の場合は、床剥れなどでフローリングの板が少し浮いている状態になっている事もありうるのでしっかり確認するようにしましょう。このような少しの床剥がれでも、お子様が手や足を引っ掛けて怪我をする恐れがあります。傷を早めに補修すれば、お子様も安心して暮らせる住宅にする事ができます。

■ 常にお子様の目線を意識する

お子様が友達と家に集まった時にする遊びの一つといえば、かくれんぼではないでしょうか。かくれんぼをする際、キッチンや居間の戸棚の下や、物置の中などお子様は家の中の様々な場所に隠れます。そのため、扉周り窓枠、床などに不具合があると安心して遊ばす事ができなくなってしまいます。

大人の目線で、気づかない部分に、傷やヒビなどがあるかもしれないのでお子様の安全のためにも、低い目線で住宅のチェックをする事も大切です。

シュリーシステムは埼玉県八潮市にて、床や窓枠、扉周りの傷補修のご依頼を承っております。住宅の様々な傷を綺麗する事が可能です。マイホームだけでなく退去後の賃貸住宅の傷補修のご依頼も喜んで承りますので、埼玉県八潮市近辺にお住いで住宅の傷にお困りの方はぜひ、シュリーシステムにご相談ください。