Column コラム

フローリングを長持ちさせるお手入れ方法

洋室の材として使用されているフローリングは掃除がしやすく、高級感や健康面に優れているなど様々な魅力を持っています。元々耐久性のあるフローリングですが、間違った方法でお手入れしてしまうと耐久性が落ちてしまいます。こちらではフローリングを長持ちさせるお手入れ方法とワックスのかけ方をご紹介しています。

■ お手入れのコツ

フローリングの日頃のお手入れは、乾いた雑巾やモップなどを使った乾拭きです。
汚れが染み込まないフローリングは、表面を磨くだけで艶が生まれます。
お手入れをする際に濡れた雑巾を使用される方も多いかと思いますが、フローリングの素材は木材であり、濡れた雑巾でお手入れするとフローリングが水分を吸収して傷んでしまう可能性があります。

また雑巾やモップで取り除けない汚れがある場合は濡らした雑巾を固くしぼって、汚れの程度に合わせて中性洗剤を含ませます。洗剤を使って汚れを落とした後は再度乾拭きを行い、フローリングに残った洗剤を拭き取るのがポイントです。

■ 定期的にワックスがけを行う

ワックスはフローリングを長持ちさせるために欠かせないアイテムですので、半年に1回はワックスがけを行いましょう。ワックスがけを行う際は晴れの日が最適です。
気温が低い時や湿度が高い時にワックスを使用すると、皮膜が白くなってしまう場合があります。またワックスをフローリングに直接塗りつけるのではなく、綺麗な布などに含ませてから全体に塗り広げていきます。

ワックスを塗る時には入り口側からではなく部屋の奥側から塗るようにし、ワックスがけを終えたらしっかりと乾燥させるようにします。乾燥が不十分だとワックスが白くなったり剥がれたりする原因となるので、風通しを良くしてしっかりと乾燥させるのが大切です。
しかし、どんなに丁寧にお手入れをしていても、家具の移動やペットの爪とぎなどで床にキズが入ってしまう事があります。凹みやキズは、ワックスではどうにもなりません。そんな時は、シュリーシステムにお任せください。

埼玉県八潮市にあるシュリーシステムでは住宅のフローリングやサッシ、レンジフードなどのキズ補修を行っており、お客様が納得する質の高い仕上がりをご提供いたします。

戸建だけでなくマンションにも対応しているので、賃貸物件でペットを飼われていて原状回復を目的としたキズ補修にも対応いたします。見積りも随時受付していますので、キズ補修にかかる費用が気になる方はお気軽にお問い合わせください。